2017年9月4日月曜日

【スポーツを子どもにやらせるべきですか?】あかりこどもクリニック 栃木県壬生町の小児科・アレルギー科専門医 エリア:壬生町・栃木市・下野市

スポーツを子どもにやらせるべきですか?

先日、スポーツドクターの講習会に行ってきました。


メンタルトレーニングの授業にて…
スポーツマン的性格はあるとのことです
情緒的特徴:安定している
思考的特徴:外交的
行動的特徴:活動的で男性的
…なるほどここまで来るとスポーツはいいなと

そこでこんな問いかけがありました

ではスポーツを行うことでこれらの成長がみられるのか?
スポーツを子どもにやらせるべきですか?

賛否両論あり
スポーツの中にも体罰、八百長、ドーピングなどの問題もあるわけです。

こう締めくくっていました。

スポーツがこどもにとってどのような体験であるかが重要

こどもはスポーツを通して成長していきます
時としてスポーツは勝負の世界であるが故に勝てば勝者、負ければ敗者となります
こどもがいつか成長していったときに勝敗のどちらの結果があったとしても
スポーツを通じて成長し自己肯定感を持つことができれば
スポーツが素晴らしい体験になるのかもしれません

トップアスリートに対しても
競技の目標だけではなく人生の目標を問うようです
競技を終えてからの長い人生もトップアスリートにとって大切なことなのです

スポーツは勝負するからこそそこに真剣な戦いがあります
その真剣な戦いを通じて子どもが成長し自己肯定感を持っていく
そのような視点が我々見守る大人にとって大切なのかもしれません


栃木県壬生町の小児科・アレルギー科専門医クリニック
エリア:壬生町・栃木市・下野市